2007年04月02日

江原啓之 人生 相談 子どもが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの警鐘

子どもが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの警鐘

江原 啓之

子どもが危ない!―スピリチュアル・カウンセラーからの警鐘







今の時代の必読書
 いじめ・自殺・引きこもりなど、子どもに関する様々な問題が取り上げられている昨今ですが、それらの問題に関して書いてある本です。



 物質至上主義という観点から、現代社会の問題点が検討されています。江原さんが書かれている本なので、中にはスピリチュアルな視点からの言及もありますが、スピリチュアルな話云々を抜きにしてでも、十分説得力のある内容だと思います。そして、多くの気付かされる点、反省させられる点が多いと思います。



 スピリチュアルな話を信じる人も信じない人も、また、老若男女を問わず、今の子どもに起こる問題を真剣に考える人には、ぜひともお勧めしたい1冊です。

魂のレベルでの子供との付き合いが大切
この本は、魂の大切さ、魂のレベル(心のこもったレベル)での子供と接することの大切さを繰り返し述べている。(他の江原さんの子供関係書籍同様、具体的な子育てのコツのようなものは多くは記述がありません。)

この本で参考になったのは、あいさつの大切さ。心を込めた「いってらっしゃい」が、でかけた家族を外にいる間、不運から守る、とか。心を込めた「おかえりなさい」が外から帰ってきた家族についている邪気をきれいに祓ってくれるとか。

我が家では、2歳、4歳の子供中心に、あいさつが今まで以上に大きな声で飛び交うようになりました。

まっとうな本です
今まで江原氏を高く評価する声をあちこちで聞きながらも、正直なところ何となく胡散臭さを感じていたのですが(失礼!)、この本を読んで非常にまっとうな方だということがわかりました。

「最近の子どもたちは一体どうなってるんだ?」という疑問にこの本はスピリチュアルな観点から答えてくれます。「神」とか「魂」とかいったことを信じない方もきっと得るものがあるはずです。
posted by era at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。