2007年04月03日

江原啓之 人生 相談 スピリチュアル夢百科―“たましい”を幸福に導く

スピリチュアル夢百科―“たましい”を幸福に導く

江原 啓之

スピリチュアル夢百科―“たましい”を幸福に導く







これはありがたい^^
スピリチュアルな観点から夢を解釈した本が欲しかったので、

とても助かりました。値段もお手ごろです。



「霊の夢・メッセージドリームを見たい」という想いが、

自分をみつめ、自分を整えるきっかけになるでしょう。



夢の体験に興味がある人みんなにオススメです。

なんだか眠るのが楽しみになりそうです。

夢診断!
夢に関して、スピリチュアル的な解釈で事細かに説明されています。

ただ、見る夢全てがスピリチュアル的なメッセージ性があるわけではなく、想い癖の夢を

見る方が断然多いらしいです。



スピリチュアル的な夢である場合でも、同じ夢でも見る人によって解釈が異なるので、

一概には意味を見出せるわけではないようです。



ただ、恐い夢を見た場合、幽界の下層部に紛れ込んでいる場合が多いらしいので、そういった

夢を見た場合、自分自身の波長を高めようという目安になると思います。



やはり、愛・感謝です。。。

人はなぜ眠るのかが分かった!!
私達のたましいは、睡眠中にあの世(幽界)に里帰りして、スピリチュアルなエネルギーを補給しているという。

なるほど。

人がなぜ眠るのかがこの説明で良く分かった。



夢の種類には、「肉の夢」「魂の夢」「霊の夢」の三種類があるらしい。

「肉の夢」は、睡眠中に肉体に何らかの刺激を受けているときに見る夢で、「魂の夢」は、自分自身の心にあるストレスや思い癖によって見る夢だということだ。

そして、「霊の夢」が、たましいが幽界に里帰りしていたときの記憶だそうだ。



この「霊の夢」が重要で、霊界にいるガーディアンスピリット(守護霊)からメッセージを授かることもあるという。

正夢や予知夢などがこのたぐいだ。



この本の第五章には、夢に出てくるものがどういう意味を表すのかという解説が書かれてあり、とても参考になります。

自分の見た夢が何を表していたのかがはっきりします。



この本と、坂本政道さんの『わかりやすい!絵で見る「死後体験」』を合わせて読むと、霊界や幽界のことがより詳しく分かって理解しやすくなると思います。
posted by era at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。