2007年04月08日

江原啓之 人生 相談 スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理

スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理

江原 啓之

スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理







愛することの真理
昌清霊言の第三弾は、愛することの真理について。



愛と言っても、この世にはさまざまな愛の形がある。家族愛、恋愛、友人愛・・・。

日本人はとかく愛については、照れが先行するためか、なかなか表現するのが

難しい人種だ。しかし21世紀を向かえ、愛がこれからの世界の中心的概念に

なるということは、紛れもない事実であり、その中心的役割を担うのが我が国日本だ。



フランス革命の3つの精神である、「自由、平等、博愛」。この中で、自由(民主主義)は

現在崩壊しつつあり、平等(共産主義)は既に崩壊してしまった。

残るのは「博愛」の精神である。人類はまだ「博愛」を中心とした社会制度を創ったことがない。



21世紀は「博愛」がメインテーマとなるであろう。恵まれない国に対しては、

金銭的な奉仕だけでなく、祈りを捧げることも大切なことであるとこの本から教えて頂いた。



オススメの一作だ。

人生と言うゲームを無事あがる為に、無償の「愛」こそ我々の切り札
????江原氏は本書で「愛」という最も大切なメッセージを解説啓蒙しています。我々が気軽に発する「愛」こそ神の意思そのものなのです。無神論者の決まり文句に「神様が実在するならナゼ世の中の戦争や悲劇や不幸が絶えないの?どうして神は助けてくれないの?」といった素朴な疑問があります。その理由はこの宇宙を律する摂理・法則について江原氏の著作や哲学・ス????ピリチュアリズムの文献に広く学ぶ事により明らかになるでしょう。
????
我々人類は皆兄弟というスローガンは科学的に見ても正しく、宇宙起源ビッグバンの瞬間から、46億年前この地球が形成されそこにバクテリア生命が出現した瞬間に、少なくとも我々の肉体の起源はあります。我々が死にたく無い、生きたい、と望む本能は地球を襲った数々の天変地異をも克服し進化の過程で獲得されたガッツスピリットと言えるでしょう。自覚は無く????とも我々の肉体の約60億個の細胞ひとつひとつがそれを知っています。そして我々の本性である「魂」もまたその故郷は同じなのですから同郷の生命を愛すべきです。
????
まあ不愉快な嫌な人間もいるしその「愛」を逆手に利用する様な輩もいるのがこの現世です。生身の人間には我や感情が在り実践は言うは易し行うは難しです。けれど愛したり裏切られたり憎んだり、この葛藤こそが我々がこの現世の人生と言う競技で頑張っている証です。この世はあの世=天国とは違います。全てが思い通りに成り何のストレスも無ければ、我々の肉体????の骨や筋肉がそうである様に、魂は成長する事が出来ません。「獅子は我が子を千尋の谷底に落とす」との諺がありますが、苦難も偉大な「愛」の形なのです。人生様々、それぞれの主役が成長する為のドラマや苦難の筋書きが用意されています。どんなドラマでもその意図には「愛」というテーマがある事を忘れてはならないでしょう。本書の内容は、常に人を勇気づ????ける慈愛に満ちた江原氏の言葉だけに説得力が在ります。??

究極のメッセージ
このシリーズの??『生きることの真理』と、??『死することの真理』を読んで、人はなぜ生まれ、さまざまな経験をしながら生き、そして死すればどうなるのかを知ることができました。そして、生と死をくり返すことの究極の目的が「愛」を学ぶためであることも。
??の『愛することの真理』は、その「愛」について、もっともっと深く教えてくれる本です。その意味でこのシリーズの総まとめともとれました(もちろん続編を楽しみにしていますが)。また、このシリーズを出版することが江原さんの願いであったとの話から言えば、江原さんご自身の究極のメッセージであると感じました。
すべてのたましいは「類魂」であること。みんなが心からそう思えたら、どんなによい世の中になるでしょう。戦いはなくなり、孤独な人もいなくなるはずです。
「愛」という、軽く消費されてしまいがちな言葉の意味を、深く考えさせられました。何度も読み返して、さらに理解を深めていきたいです。
posted by era at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。