2007年03月05日

江原啓之 人生 相談 A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]

A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]



A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]







仰天雑誌の誕生
内容は思っていたよりはMA.TO.MOで、面白く読んだ。(特に鈴木さんは誠実な人だと思う。)

しかし「「衆愚」を軽蔑すりふりをして似非良識人に媚びる商法」を長年してきた新潮社が、江原先生に白旗揚げたことには感慨深いものがある。

地獄にいるものと思われる斎藤十一を呼び出してもらい、見出しをつけて貰うのもまた一興であろう。

江原理論の総復習
江原さんの8つの法則に代表される理論を総復習できます。

その他、夢診断に関する話題や、実際江原さんと対談された方のお話なども聞けます。

また、「天国の手紙」のディレクターによる裏話も載っています。



初めて江原さんに興味を持たれた方や、もう一度復習されたい方、お勧めです。

良き総合入門書
スピリチュアリズムや神社の解説関連のページは、従来書と重なる部分が多い。けれども、それを補うにあまりあるだけの内容が、この小冊子にてんこ盛りされている。様々な活動をしておられる人々との対談や、ゆかりのある人々からのメッセージ、ある講演の模様をそっくり録音したCDあたりが個人的には嬉しかった。江原氏の写真がこれでもかと出ている巻頭グラビアページには正直引いてしまったが、エハラーの方々には、これも垂涎ものなのだろう。



こんなことを私が書くのもおこがましいが、印象的だったのは、江原氏がますます氏の言うところの「物質的価値観」から離れてきておられるということ。実は、氏はここ1、2年の著書では「清貧を勧めるより前に、自分で金持ちになってそれなりの苦労をしたらどうか」という主張とも取れるような文章を時々書いていて、それが私には大変疑問だった。けれど、この本には(そして最近のテレビなどでの発言でも)、それが全く感じられない。あの「悔しかったら金持ちになってみろ」的な発言は、ここ数年で有名になってから江原氏が受けた妬みや非難への反発心から出たものだったのかもしれない。それを乗り越えた彼の最近の発言は、ますます愛のパワーに溢れている。
posted by era at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[続きを読む]
Excerpt: mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず〜〜っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会..
Weblog: 40歳サラリーマン
Tracked: 2007-03-05 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。