2007年03月12日

江原啓之 人生 相談 スピリチュアル・ジャッジ―一番幸せな生き方がわかる!人生の質問箱

スピリチュアル・ジャッジ―一番幸せな生き方がわかる!人生の質問箱

江原 啓之

スピリチュアル・ジャッジ―一番幸せな生き方がわかる!人生の質問箱







初江原でした。
江原さんの本を初めて購入しました。

わりと新しい物を…と思って、選んだのですが、スピリチュアル本初心者には、ちょっと不向きだったようです。

悩みの項目別に解説方式で書かれていて、家庭の問題などが多く、年配の方向きかと。

問題が一致する方には分かりやすく、丁寧な内容だと思います。

その話をした所、友達にプレゼントされた、「本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋」という江原BOOKは、気になる項目がもっと若者向けで、細かく別れていてとてもよかったです。

悩んでることを目次で選ぶと、簡潔明快なアドバイス書かれています。



あくまで、参考意見に
江原さんはシルバーバーチの霊訓に対して「経典主義」は行けないと仰っています。要するに、本に書いてあることを一字一句聖典のように崇めることは不健全であり、現実生活にうまく適合させる現実性、融通性が大切なのです。

同じように、スピリチュアルジャッジとはありますが、あくまで、スピリチュアルを学んだ一人の生身の人間たる「江原啓之」という人物の人生に対する判断であるということを忘れては行けないと思います。

あくまで参考意見として、ご自身の生活に生かすのが大事であり、情報の取捨選択も必要です。受験勉強で、要領の悪い勉強は、隅から隅まで一字一句参考書を読もうという夜郎自大的態度で勉強することですが、人生に処する方法も同じです。人間はそれぞれ個性があるわけですから、何から何まで江原さんと同じ判断をするというのは、思想の固定化であり、不健全です。そういうことを認識した上で、読まれると良いでしょう。

あるひとつの考え方の参考になります
それぞれ人生で直面するであろう場面に分けて書かれています。

スピリチュアリズムの考え方は、こういうものだという考え方の

参考にはなりますが、すでに江原さんの著書を読まれてる方には参考になるのか、

疑問です。江原さんも、この本の中で書かれていますが、間違った選択も、

魂にとっては、ひとつの学びとなり、正しい答えなど、ないのだと。

そういう意味では、この本の表題であるジャッジとか、わかるというのが

適切な書き方なのか、わかりません。

最近、流行りのマニュアル本ではないのが、この本の

良さではないでしょうか?

おすがりするという考え方ではなく、一生懸命、人生を

生きるということが大切だと思いました。

「生きてること自体に意味がある」というのは共感したい

一言です。




posted by era at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31713912

この記事へのトラックバック

江原啓之とは?
Excerpt: 江原啓之は東京都出身の霊能力者。江原啓之の最新情報やTV出演情報はこちら…
Weblog: 霊能力開発センター 霊能力を開発しよう!
Tracked: 2007-03-13 01:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。