2007年04月11日

江原啓之 人生 相談 天国の子どもたちから―残された家族への愛のメッセージ

天国の子どもたちから―残された家族への愛のメッセージ

ドリス ストークス

天国の子どもたちから―残された家族への愛のメッセージ







翻訳が・・・
私はsittingの体験者で、それがどんなにかすばらしいものか体験したものです。だからこの本に多大なる期待を抱いていたのですが、内容がすばらしいだけにこの翻訳にはがっかりしました。



翻訳者はイギリスに住んだことが無いようで、地名がいちいち違うのです・・・とても違和感がありました。(どうしてイギリス人に確認しなかったのでしょうか?)文章の流れにも統一感がなく、読み直すこともたびたび。



spiritualな世界に興味ある人には、この世界を解りやすく書いてありますので参考になると思います。

心に灯かりがともる、優しさに溢れる一冊です☆彡
まさに表紙の灯かりのともる写真のように、読み終えて心に灯かりがともったような温かい感動に包まれ、ドリス・ストークスさんの優しいお人柄の伝わるシッティング(霊視)の内容に、読んでよかったと、心から思えました。どの人も励まされる、そんな愛のメッセージに溢れる一冊です。ドリス・ストークスさんの生涯はもちろん、監訳の江原啓之さんの前書きと訳者の横山悦子さんの後書きも、心に沁みてきます☆彡
posted by era at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 江原啓之 人生 相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。